THE MODS『THE MODS LIVE "HAIL MARY" Final 』10月15日 日比谷野外音楽堂
レポート 2016-10-20

今年デビュー35周年を迎えたTHE MODSが、10月15日に彼らの聖地ともいうべき日比谷野外音楽堂にて、THE MODS LIVE "HAIL MARY" Final と銘打ったアニバーサリーライブを行いファンと共に祝った。

この公演は、デビュー35周年を記念する7ヶ月全国27本にもおよぶアニバーサリーライブツアー「THE MODS TOUR 2016 “HAIL MARY”」のファイナルの予定だったが、ツアー2日目名古屋公演での森山達也(Vo&Gt)の半月板損傷により、前半10本の延期、後半13本のキャンセルするという緊急事態を乗り越えての開催となった。




満月が煌々と輝く空の下、会場となった野音にはレザージャケットや、ギャングロッカースタイルでキメた永遠の不良少年少女が全国から集まり、ある種独特なアウトサイダー的とも言うべき空気感が漂っていた。開演前から彼らの止むことのないモッズコールと共に。

そして定刻を3分ほどすぎ場内が暗転すると、THE MACKSHOW の岩川浩二がMCとして登場。待ちわびたオーディエンスに「We are THE MODS!」のコールを則し盛り上げると、会場は一体となっての「We are THE MODS!」コール。そしてそのコールに応えるかのようにサイレンが鳴り響き THE MODS が大歓声に迎えられステージに現れ「COUNTER ACTION」でライブはスタート。オープニングから"オイコール"でヒートアップした会場に立て続けに3曲を畳み掛けた後、MCで森山は「久しぶりです。THE MODSです。夏のツアーキャンセルして申し訳ない!」と詫び、先月には腕を骨折していたことも明かした。そして「この夜は絶対忘れないように」と想いを伝えると、ゲストミュージシャンの伊東ミキオをステージに呼び寄せ「I SMELL TROUBLE」を披露。

「いつもだったらこの辺で良い具合の夕暮れなんですけど、でもクソ暑いよりは…」と、森山は思い出巡らすように会場に話しかけると、彼の甘い歌声からの「TEENNAGE BLUE」、エッジの効いた「4 BRONCOS」、そして「ゴキゲンですか?博多の10代の時に作った曲をやります。」と、ブルージーなナンバー「BUNNY GIRL」を演奏していく。

「じゃーここから先はモッズオリジナルメンバー二人に託します。」と森山が告げ一旦ステージを下がると、苣木(Gt)がマイクを取り、「福岡から35年前に小さい荷物と小銭のような現金を持って東京に出てきましたが、35年やってこれて尚且つこうやって雨が降ろうと嵐が来ようと、チケットが無駄になろうとこれだけの人が集まってくれてありがとう」感謝を伝える。そして苣木ヴォーカルによるロカビリーナンバー 「Rock-a-hula-billy」、北里ヴォーカルによるパンクソング「POGO DANCING」で会場を盛り上げていく。

後半戦は紅いエドワードジャケットに着替えた森山がステージに戻り「WHY WHY WHY」、「ロメオとジュリエット」と続け「激しい雨が」での大合唱からの「LONDON NITE」でトップギアに入れ、最後は「KILL THE NIGHT」で一気に駆け抜けていった。

物足りないオーディエンスからのアンコールに後押しされた2度のアンコールの後(2度目のアンコールでは岩川浩二が加わっての演奏)、伝説の野音の代名詞とも言うべき名曲「TWO PUNKS」がここで披露される。感極まったオーディエンスの心からの声が一つになって夜空に響いていくようだ。そして「最後はロックンロール以外何がある!」と森山はバンドのアティテュードとも言うべきメッセージを会場に投げかけ「他に何が」で激しく締めくくり、訪れたオーディエンスすべての心に35年間の生き様を見せつけるような熱いステージは幕を下ろした。




THE MODS
『THE MODS LIVE "HAIL MARY" Final 』
10月15日 @日比谷野外音楽堂


01. COUNTER ACTION
02. 壊れたエンジン
03. MAYDAY  MAYDAY
04. I SMELL TROUBLE
05. TEENNAGE BLUE
06. 4 BRONCOS
07. BUNNY GIRL
08. Rock-a-hula-billy
09. POGO DANCING
10. WHY WHY WHY
11. ロメオとジュリエット
12. 激しい雨が
13. LONDON NITE
14. KILL THE NIGHT

EN 1
15. LOOSE GAME
16. GARAGE WONDERLAND
17. TOMORROW NEVER COMES

EN 2
18. LET'S GO GARAGE
19. HEY!! TRAVIS
20. STAY CRAZY

EN 3
21. TWO PUNKS
22. 他に何が

TEXT : RH / PHOT : 斉藤ユーリ

Information : THE MODS official web site